ED克服講座〜初級編〜

心因性のED

心因性のED

心因性のED

心因性のED

心因性EDは心因により、2つに大別できます。

中高年の方は、加齢や生活習慣病などが原因の「器質的ED」が多いのですが、
若い方の場合、器質的には問題がないけれどメンタル面での要素が大きい
「心因性ED」がほとんどだと言われます。

特に20代は、性交渉に慣れないために緊張したり、パートナーが変わったりすることで
性交渉がうまくいかないという方が多いと言われます。

一度うまくいかなかったことで「次もダメなんじゃないか」と不安になり、
それがストレスになってまたEDに…という悪循環になっているケースが多いそうです。

また日常のちょっとしたことがストレスとなり、それが原因でEDを起こす場合です。
例えば、パートナーの女性に「だめな男ね」、「役立たずね」などと言われ、その言葉に
敏感に反応し、言葉の衝撃や暴力でEDになったりします。

また、結婚生活で奥さんとうまくいかない、経済的なストレスがある、
毎日疲れている、など自分自身でほぼ原因に見当がつくものが現実心因です。
この場合、カウンセリングや薬の服用で簡単に治ることがあります。

もう1つは日常生活には特に心理的ストレスはないものの、幼児期の体験や性的トラウマ
など過去の出来事が原因となり、心の深層にある原因がEDを起こす場合です。

深層心因の場合、大半は無意識ないし意識下の世界に原因があるため本人には見当がつかず、
原因の解明までに長期間要し、治療が難しいケースが多いのが事実です。